住宅ローンを組むにはまず銀行で審査に通ること

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても慎重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住宅ローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。
住宅ローンの支払いを長い間していると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額をさらに減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金が無くても購入出来る!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
フラット35という名前の住宅ローン最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。