海外赴任をすることになると赴任先の「運転免許証」や「保険」に入る必要があります

日本国内で利用していたものが、海外では一切通用しないと言うのはよくあります。
そして、その最たる例が「運転免許証」になります。
『国内の運転免許証』それが別の国にも適用できる訳ではありませんよね。
※そんなことで「国際運転免許証」を取得する必要があります。
海外赴任の準備の時に、車を使用すると想定している場合、いち早くチェックしてくださいね。
そんな項目でもあります。
『国際運転免許証』海外赴任前に免許証を更新している「警察署」、「試験場」で申請することが出来ます。
特にテストなどはなくて、申請書をもらいます。
それに必要事項を記入するだけです。
それOKです。
(笑顔)※(注意):ただし、パスポート、現在所持している免許証、顔写真などが必要となります。
ですから、事前に準備しておきましょうね。
<国際運転免許証の有効期限について>更新制度は、特に設けられていません。
そんなことで、以降も運転したい場合、「現地での運転免許取得」が必要になります。
また、免許証と同じで、保険も国内とは別途加入しておかなければなりませんよ。
特に厄介なことがあります。
それは医療保険です。
国内だと3割負担となっているものが、海外ではそこまで割引されません。
(汗)。
その為、損害保険などの保険に加入します。
そして、カバーする必要があります。
海外旅行向けの保険について「海外駐在員総合保険」などが便利ですよね。
(笑顔)様々な特約があります。