新生銀行住宅ローンの繰り上げ返済は便利?

新生銀行住宅ローンでは、返済方法が元利均等返済のみになっています。
元利均等返済は毎月の返済額が一定ですから返済プランが立てやすいのですが、反面、最初はなかなか元金が減らないというデメリットもあります。
このデメリットを補うために、新生銀行住宅ローンは繰り上げ返済が行われたときに、その分は元金に充てられるようになっています。
たとえば、3000万円を借入れており、100万円を繰り上げ返済した場合、この100万円は元金の返済に充てられますので、借入れ金額は2900万円となるわけです。
元金が減れば利息が減りますので、毎月の返済額で元金に充てられる割合が多くなります。
そうなれば、全ての返済が終わるまでの期間を短くできますし、支払う利息を少なくすることも可能です。
100万円といった大きい単位での繰り上げ返済でなくとも、毎月1万円の繰り上げ返済を継続するといった方法でも、返済期間を短く、利息を少なくする効果は充分にあります。
新生銀行住宅ローン審査甘い?人気の借り換え!【デメリットは?】