カードローンの審査に落ちる理由には?

審査に落ちる理由として一番多いのが、利用申し込み書の記入ミスや添付書類の不備です。
次に多いのが、勤務年数が短いことです。
一年くらいの勤務年数が必要となってきます。
既に登録されている個人信用情報と、申し込みの内容に相違があるかどうかも、チェックされていることから、他社との借り入れ状況も利用審査の際には審査判断の基準となります。
特に、借り入れ総額よりも借り入れ件数が重視される傾向があります。
クレジットローンやカードローンで最低でも3ヶ月間は遅れや滞納がないかといったチェックも必要です。
あとは、高い限度額で申請しないことも審査を通過するためには大事です。
初めは限度額を低く設定して、審査が通過した後に、限度額のアップを相談する方が効率的です。
また、カードローン会社では、ある一定の年収を基準に設けているとこもあります。
最終的にカードローン会社が一番気にすることは、貸し付けたお金がきちんと返ってくるかどうかが重要になので、きちんと返せるような状況を提示すればほとんどが問題ないです。
カードローン審査通らない時は?年収基準を比較!【審査甘い銀行とは?】