国内で、そのシェアを急増させているものと言えば、冷凍食品です。 その中でも特に生産量が多い品目は、何だか分かりますか!? 果たして、それはどんな食品なのでしょう!? 2009年~2010年の、国内の冷凍食品の品目と生産数量について紹介しています。参考にしてください。 <11位~20位> グラタン、ピザなどです。 これは若い子に人気の商品です。そんな人達に多く見受けられます。 その一方で、おにぎり、魚類などの年配者向けの商品もあります。 幅広い品目がランクインしていますね。 注目は、20位の「鶏唐揚」になります。 圧倒的な人気を誇る商品です。

しかし、あまり生産量は多くないようですね。 <6位~10位> 餃子、シュウマイ、ミートボール、たこ焼きといった定番商品になります。 これらは冷凍食品におけるスタンダードでもあります。 多くの世代から愛されている食品ですよね。(笑顔) お弁当のおかずとしての人気が高いですね。 使い勝手が良い物ばかりですよね。(笑顔) <5位> カツです。

特にカツは、近年の技術の発達により食感がかなり改善されています。 人気を上げています。 <4位> ハンバーグです。 いずれも若い人達が好んで食べる商品になります。 <3位> チャーハン&ピラフです。 かなり人気が高いようですね。(笑顔) <2位> うどんです。 特に女性に人気が高いようですね。(笑顔) <1位? コロッケです。 お弁当のメニューとしても、夕食のおかずとしても使えます。 これで高い生産量を誇っています。